納得のいく転職活動をするためには、履歴書には何を書くといいでしょう。どんなにしっかりと採用面接の準備をしていたとしても、履歴書の内容に問題があったら、せっかくのチャンスを逃してしまうことになるでしょう。会社に行く前の段階で、履歴書審査で落とされるということになっては残念です。企業の担当者が、会いたいと思ってくれるような人物像を履歴書に描き出したいものです。あちこちの会社を転々としている人は、すぐやめてしまうのではないかと思われがちです。これが面接なら、状況説明や、ニュアンスを伝えることができますが、履歴書はそれができません。様々な職場を経験したことで知見を積んでいることを、プラスに印象づけるように、志望動機の欄などを工夫しましょう。過去の経験が、現在の自分にどのように影響しているか、プラスになるようにまとめます。動機欄に書くことは、ポジティブなことになるようにします。職務経歴書をつくることで、履歴書の補助用紙にすることがあります。いろいろな仕事を転々としている人でも、経歴をどういう視点でまとめるかで、プラスの印象になります。説得力があり、自己PR力にすぐれた履歴書をつくることができれば、転職活動の第一段階はきっとうまくいきます。