新卒の時の就職活動と、それから数年後の転職活動用の履歴書では、内容が異なります。これから社会に出る時の意欲の高まりの注ぎこむような履歴書は、新卒時代にしか使えません。新卒ではなく中途採用の就職活動をするときに必要なのは、採用することで得られる会社のメリットを具体的に伝えることです。意欲の高さを相手に伝えることができても、それが採用の決め手になることはありません。転職時には、自分の経験したことや会社に貢献できることなどの自分の強みについて、履歴書に明確に書くことが必要です。転職を志す時に、自分自身が新卒の時に就職活動をした方法と同様の方法で、履歴書を作成してしまう人が多いようです。企業側は、新卒者採用と、中途採用とでは、全く別の観点から、採用したい人物を選んでいます。中途採用者応募への履歴書を作成する時には、採用後、自分がどうやって会社の戦力になれるかを書くようにします。何か資格があるのであれば、履歴書の資格欄に書くだけではなく、志望動機の中にも記入して目に留まるようにします。企業にとって使える人材であるとわかってもらうためには、その理由を明確にして、要点を絞ってまとめることがポイントです。転職活動は、自分にとってはスキルアップであり、企業にとっては即戦力です。転職活動を理想的な形で進めるためにも、最初につくる履歴書の内容は入念に検討しましょう。