自己PRを用意をする時には、実際に話をしながら録音して聞いてみるといいでしょう。転職活動がなかなかうまくいかない人に、ぜひ練習してほしい内容です。面接の場面でどういう話し方をするかも含めて、自己PRの準備をしておくこと、本番もスムーズです。録音をして、自分自身の声を改めて聞いてみるという人は多くはないようです。なかなか転職が決まらない人は自己PRの練習時に、自分の声を録音して検証してみるといいかもしれません。自分がどんなふうな話し方をしているかは、録音した声を聞くとわかります。面接で高く評価してもらえない理由が、口調や話癖にあったという場合もあります。もし地声が低くて話し方が暗い人でも、自分の声の改善ポイントを押さえて練習すれば大丈夫です。最後まで、焦りすぎずに話せるようにすることが重要です。声のボリュームを整えながら、一定のペースで話せるようにすることで、真摯な態度を示すことができます。声が低い人でも、滑舌が悪い人でも、適度な声量でゆっくり話すことで、明るく優しい印象になります。希望の転職先から無事に採用をもらうためにも、自己PRの声を録音してみるといいでしょう。