正社員となる能力がない人が、派遣社員になるという価値観の時代がありました。一昔前までは、派遣社員というのは正社員よりも仕事の能力は劣るものであり、正社員になれなかった人材という視点での位置づけでした。しかし、最近は企業も人材不足が相次ぎ、不足した人材を派遣社員で補うようになってきました。派遣社員に対する価値観が変化したことにより、自ら派遣社員になることを希望し、時間の余裕をもた働き方をしながら生きていたいという人も多いようです。景気の悪かったころ、派遣切りによる問題が注目されたりもしましたが、最近では派遣社員として働くこと自体に関心が高まっています。雇用の形は派遣社員であるものの、短時間で十二分の成果を上げており、会社から見てもなくてはならないという人もいます。派遣社員を多く採用して、正社員に割り当てる仕事を分散してやってもらうことは、会社の立場からしても歓迎すべきことになっています。以前とは異なり、もう派遣社員は立派な即戦力であり、正社員よりも人数が多く在籍している会社もあります。特に女性は、家庭と仕事との両立が必要のため、派遣社員を選ぶ人が増えています。女性の場合は、家庭との両立を求めた結果、派遣社員が最適という結論に達するケースもあります。限られた時間内は仕事に精を出し、結果を出して次に進むという仕事の形は、結婚も出産もしたいという女性には合致したものです。これからも、派遣社員として働きたいという人が多くなる一方で、派遣社員を雇いたいという企業は増えていくと言われています。