この頃は、在宅の仕事応募のシステムも充実していますので、自分の能力に見合った仕事の選択ができます。単純作業よりは頭を使う仕事の方が性に合っているという人におすすめのなのは、ライター系の在宅の仕事です。商品の紹介や、使ってみての感想などを書いて、ブログ記事や、商品紹介記事をつくるものです。レストランや観光地に行ってみた感想や、ドラマの視聴感想など、様々なジャンルの記事があり、得意分野が選べます。コツコツと仕事を続けることで、会社側からの信用を得ることができれば、継続的な発注や、単価の向上もありえます。一回限りの仕事もありますが、相手側の満足度の高い仕事ができれば、契約期間が長くなることもあります。単価の高くない仕事も多いですが、文章を書くことでお金になるということは、好ましい在宅仕事だと感じるような人もいます。手先を使った作業が好きという人は、シール貼りや宛名書き、袋詰めやパッケージングなどの仕事もあります。在宅の仕事として、装身具や布製の小物をつくるという作業に従事している方もいます。専門的な技術や知識を持っている人なら、会社で働いている時よりも収入を増やせるような働き方をしている方もいます。仕事を在宅ですることで、子育てや介護など、各家庭や個人の事情に合わせた仕事のスタイルが確立できます。在宅でできる仕事の幅は今後ますます多くなり、一つの働き方として確立されていくことでしょう。